古くは万能薬として知られたアロエ

古くは万能薬として知られたアロエは、高い効果があるため数多くのサプリメントとなっています。アロエは昔から胃の健康や皮膚の傷などに効果があえる薬として世界中で使われてきました。アロエが持っている胃腸に効く成分としては、アロイン、アロエウルシン、ムチンなどがあります。アロインはアロエの独特の苦い成分で、体に吸収されると活性化されます。胃の分泌力を高め、消化を助けたり胃腸の働きを良くする効果があります。アロエウルシンは、細胞を活性化させ組織の再形成を促進してくれるため、炎症を抑えたり胃粘膜を直してくれます。胃粘膜からの出血があるような場合、出血を少なくし粘膜を修復する効果があります。サプリメントなどでアロエを摂取することで、胃の粘膜が保護され、胃炎や胃潰瘍の予防・改善効果が期待できます。アロエに含まれるアロインは大腸のぜんどう運動を活発にして、便秘を改善する効果があります。便通不良はさまざまな原因があります。ストレスもありますが、基本的には大腸の水分が不足することと、ぜんどう運動が弱まることです。アロエには大腸での水分を保つ効果があり、腸のぜんどう運動を活発にし、排便をスムーズにしてくれます。慢性の便秘の人が1日3回アロエエキスのサプリメントを摂取することで便秘が改善したといいます。アロエに含まれているムチンは保水力が高いことで知られており、ムチンを利用した基礎化粧品があるほどです。このためアロエには美肌効果もあると言われます。アロエはさまざまな効果を持った薬草です。サプリメントを使うことで上手に使い、健康に役立てましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ