お腹にポッコリついた内臓脂肪の原因

お腹にポッコリついた内臓脂肪の原因は、年を取って代謝が低下したためであり、ダイエットを実践するという人がいます。中高年からの健康維持のためには内臓脂肪を減らすとともに、蓄積しないようにダイエットを意識する必要があります。ダイエットで内臓脂肪の代謝を促進したい場合、中年以降の人ならば食事を改善することが第一歩です。毎日の食事でなるべく脂肪分を減らし、ゆっくりと30分以上かけて食事をするようにします。1日3回の食事を時間を決めて食べることが、内臓脂肪ダイエットのポイントです。甘味の食べ過ぎ、過度の間食、お酒の飲み過ぎはダイエットには逆効果になります。年をとってからの内臓脂肪のダイエットでは、腸の働きを活発にさせることも重要です。体の中に不要なものを長時間留めておかないようにするには、腸の働きを改善することです。腸内のものが停滞すると代謝が低下します。腸内環境を整えれば便秘は解消し、新陳代謝もアップします。食物繊維をたくさん含むものや乳酸菌を摂取することが内臓脂肪ダイエットに効果的だといえます。体を動かし代謝を活発にすることも、中高年がダイエットで内臓脂肪を減らすためには欠かせません。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことによって、血液中に流れている脂肪が燃焼されます。内臓脂肪が消費されエネルギーとして使われるのは、血液中の脂肪を使い終わってからです。年をとってからのダイエットは、体に負担がかからない範囲で食事と運動の両側面から内臓脂肪を減らしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ