資金調達の一手段

資金調達の一手段として、事業者ローンを活用している人がいます。事業者ローンを選ぶ場合にはどのようなポイントがあるのでしょうか。何らかの事情で企業の経営にお金を用意しなければならない時に、事業者ローンを利用します。事業者ローンは銀行から受ける融資と比較して審査が早く保証人や担保も原則不要です。すぐに資金を用意しなければ問題が起きるという時などは、申し込みをした数時間後に審査が終わる事業者ローンは役立ちます。資金の用途をどう決めているかによって、事業者ローンをどこから借りるかが変わります。信販系や消費者金融系のノンバンクローンと、銀行系のローンが事業者ローンにはあります。ノンバンク系は為替や預金を扱っていない金融業者で審査は最短の場合1時間もあれば完了します。当日ちゅうに審査が終わり、資金の融資ができるようなローンもあります。申し込み時の書類は少なく、手間なく借りられます。反面金利は高めで高額な融資を受けることはできません。金利が安く、時間をかけて返せるのが銀行系事業者ローンの強みです。こちらの方が、後々の返済負担が楽になります。申し込みから審査終了まで数日待たねばならず、提出書類もたくさんある銀行系の事業者ローンは、時間がかかってもいいので条件のいい借り方がしたいという人向けです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ